留学してみたら!学べることは外国語だけではない

価値観の違いに気づく

留学先の国によっていろいろな体験をすることができますよ。日本は他の国と比較すると小さな島国ということもあり、地続きで外国に行くこともできないため、いくら国際線ですぐに外国に行けるとはいっても、外国との距離を少し感じてしまいますよね。ある意味閉鎖的な環境のため日本での普通の感覚というものは日本人同士では言葉に出さずともお互いに何となく分かることは多いのですが、それが外国に一歩足を踏み入れて生活してみると、まったくその普通の感覚が通じないこともあります。


価値観の違いを経験することで

最初は自分の普通な感覚が否定されてしまったり、気まずい思いや、なんだかしっくりこない、という経験をしてしまうこともあると思いますが、日本に留学している外国人も日本に住みながら同じような経験をしているものですよ。ここは、郷に入れば郷に従えの精神で、気楽に構えてみましょう。そうすると時間の経過と共に、なぜそれがその国での普通なのかということが理解できるようになってきますよ。まず、その国の価値観を尊重することが大切です。


その経験から得られるもの

留学先の国々で外国語や学業の取得は大切ですよね。しかしながら、意外にも外国で生活することによって得られることは他にもあります。それは、自分が留学先の国の価値観の違いを受け入れ、理解し、行動する、そして相手から受け入れられる、このプロセスは実際に自分で体感してみないと分からないものですよ。そして、その経験というのは今後の自分の考え方をとても柔軟にしますし、臨機応変さ、他者を受け入れる寛容さが自然に身についていきます。とても貴重な体験ですよ。



札幌の留学を考えている方はたくさんいますが、留学をするための学校がたくさんあります。社会に出てからも遅くはないという事で、幅広くたくさんの方が機関を利用しています。